日本近代文学会ロゴ

日本近代文学会 公式ウェブサイト

目次
連絡先
▼研究発表の応募、会報原稿、大会/例会に関する問い合わせはこちらへ

運営委員会・事務局
〒102-8336 東京都千代田区三番町6-16 二松学舎大学文学部 山口直孝研究室
日本近代文学会事務局
【Eメール】
頂いたメールには、必ず委員会から返信しております。もし、メール受領の返信が届かない方がありましたら、改めてお問い合わせ下さい。


▼機関誌への投稿、会員の書籍送付はこちらへ

編集委員会
〒171-8501 東京都豊島区西池袋3-34-1
立教大学文学部
石川巧研究室内
日本近代文学会編集委員会


▼入会/退会、住所変更、機関誌の購入、会費に関する問い合わせはこちらへ

お茶の水学術事業会
〒112-8610 東京都文京区大塚2-1-1
お茶の水女子大学理学部3号館204
お茶の水学術事業会内「日本近代文学会」係
TEL FAX 03-5976-1478
【Eメール】

本学会は、日本学術会議の協力学術研究団体です。

例会・大会(日程)

[各支部の日程についてはこちらをご覧下さい]

本学会の大会および例会には会員に限らず会員外の方でもご参加いただけます。
お誘い合わせの上、ぜひご来場ください。

フリースペースのご案内

日本近代文学会では、大会・例会の会場内にフリースペースを設けます。研究者相互の交流、研究情報の交換の場となることを企図したものです。会員の皆様の積極的な参加をお待ちしております。
なお設置するフリースペースは、具体的には以下のような場としてご活用いただくことを考えています。

・研究会、学会などの紹介、学会誌の展示、配布、販売
・研究同人誌などの展示、配布、販売
・論文抜き刷りの展示、配布、販売
・科学研究費補助金などの研究プロジェクトの報告書の展示、配布、販売
・研究サークル・読書会・研究プロジェクトなどの紹介
・ポスター掲示による博士論文などの紹介

研究発表会場や休憩場に近接したエリアをフリースペースとして設定します。フリースペースへ参加を希望する個人、団体の方は、直接会場にお越し下さい。
会場で受付を行った後はご自由にご使用いただけます。会場では机、椅子(パネルの技量については事前にお問い合わせ下さい)などを用意しております。

【注意事項】

参加資格は、個人の場合は、本学会の会員に限ります。団体の場合は、本学会の会員を一人代表者に立ててください。
フリースペースは、大会開催中常時開場しておりますが、参加時間や、その形態などについては各自に委ねます。
出品物等は各自が持ち込み、持ち帰ってください。会場等への郵送による持ち込みは受け付けておりません。
出品物等の管理・会計については各自でお願いいたします。日本近代文学会は、責任は一切負いません。
この件に関するお問い合わせは、kindaibungakukai[[at]]gmail.com([at]を@に置き換えてください)にお願いいたします。
フリースペース参加者用の「記名帳」などテンプレート
フリースペース参加者のために下記の二つのテンプレートを用意しました。

・「記名帳」;雑誌や資料などを得た/購入した人が名前を書くための用紙

・「名称と連絡先」:会場での表示用の用紙。連絡先を知らせるための切取式スリップ付き。(点線にあらかじめハサミで切り込みを入れて使います)

 いずれも、[こちら]のExcelファイルをお使い下さい。一つのファイルの中に、上記二つの用紙が含まれています。(Excelのシートのタブを切り替えて下さい)

 なお、このテンプレートは参加者全員に使用を求めるものではありません。使いたい参加者だけ、ご自由に整形、転用してお使い下さい。

研究発表者募集

エントリーシート

個人発表用

パネル発表用

※ファイル形式のアイコンにマウスを合わせ、右クリックして「対象をファイルに保存」してください。

応募宛先

メール

kindaibungakukai[[at]]gmail.com ※[[at]]を@に置き換える

※現在メールで応募頂いている方には、委員会から返信しております。
もし、メール未着の方がありましたら、メールもしくは郵便等でご連絡ください。

郵 送

〒102-8336 東京都千代田区三番町6-16
二松学舎大学文学部 山口直孝研究室
日本近代文学会事務局

大会・例会発表者への旅費・印刷費補助について

日本近代文学会の大会・例会発表者は、旅費(交通費および宿泊費)の補助、および、印刷費の補助を申請することができます。その概要を説明します(なお、発表が決まった方には、あらためて具体的な手続きをお伝えします)。

【旅費補助】
(1) 学生会員(大学院在籍会員)
本人からの申請に基づき、旅費の半額(3万円を上限とする)を補助します。ただし、所属する大学や研究助成を受けている機関などからの旅費補助の制度がある場合を除きます。
(2) 一般会員
本人からの申請に基づき、旅費の半額(3万円を上限とする)を補助します。ただし、以下の条件に該当する場合は補助の対象外とします。
・個人研究費または学科・講座等の研究費による支弁が制度上可能である場合
・科学研究費助成金等の研究助成によって支弁可能である場合
(3) 海外在住会員
原則として(2)の一般会員向けの規定を適用します。ただし、「旅費・印刷費補助金申請書」に記された旅費の概算額をもとに、運営委員会で検討して補助額を決定します。

【印刷費補助】
学会発表資料印刷代に使える研究費や発表補助費の制度がないなどの事情により、公費で発表資料の印刷ができない場合。
発表資料の印刷部数に応じて、補助限度額は以下の通りとします。
・例会発表者は3,000円
・大会発表者は6,000円

 旅費・印刷費補助を希望する場合は、事前に「旅費・印刷費補助金申請書」を、運営委員会あてに提出していただきます。補助を受ける際には、領収書が必要です。宛先は「日本近代文学会」として、ご署名・ご捺印ください。大会・例会当日に、運営委員会の担当者に領収書をお渡しください(後日郵送も可)。補助金は、発表者の銀行口座に振り込みます。

inserted by FC2 system